時間を有効に使う

社会人の場合、仕事をしているあいだは公務員試験の学習を行なうことができません。限られた時間のなかで学習を進めていく必要があります。ちょっとした時間を無駄にしないことが、試験合格率を上げることにつながります。

たとえば通勤時間に学習する方法があります。電車やバスに乗りながらテキストを読む、携帯用音楽プレーヤーで講義の音声を聴くといったことが可能です。仕事の昼休みなどの休憩中にも、同様の学習を行なうことができるでしょう。家にいるときも家事をこなしながら講義音声を聴く学習方法もあります。

こうした時間の有効活用をしやすいのは、通信講座や通学講座です。公務員試験の社会人講座のなかには、先述した講義の音声ファイルのダウンロードが可能なところがあります。また、音声ファイルの講義だけでなくWEB講義やDVD講義を用意している社会人講座もあり、音声があることで家事など何かをしながら講義を聞くことが可能です。

通学講座の場合には、仕事の都合で欠席したとしても、上記のような教材が用意されていると遅れを取り戻すことが可能です。振替講義を行なっている社会人講座もあり、仕事で失った公務員試験の学習時間を上手くカバーすることができるようになっています。