公務員試験対策の方法選び

社会人の主な公務員試験の学習方法は三つあります。独学、通信講座、通学講座です。公務員試験突破を目指す人は、まずここで迷うことでしょう。

まず独学ですが、通信講座や通学講座に比べて学習のためにかかるお金が安いのが最大の強みです。ただ、あとの条件は厳しく、筆記試験の対策は参考書選びを誤ると出ないところばかり勉強する羽目になること、わからないことを聞ける人がまわりにいない場合が多いこと、参考書では行なえない、筆記試験以外の面接や小論文対策がしにくいことがあげられます。

通信講座や通学講座は各校が積み重ねてきたノウハウがあり、出題傾向を押さえた講義、教材が提供されます。通信講座では不明点の質問を行なうことが可能な場合があり、通学講座では欠席した場合の振替講義を受けることが可能なところがあります。面接対策を対面またはテキストや映像などの教材で行なえる学校、小論文の対策がまとめられたテキストなどの教材を用意していたり、添削を行なってくれたりする学校もなかにはあります。ただし、独学に比べて多額の費用がかかり、とくに通学講座は通信講座に比べて割高になる場合が多いです。

代表的な公務員試験の学習方法の基本的な情報は以上ですが、自分に合った方法はどの方法でしたか?通信講座や通学講座は資料請求や体験入学、独学の場合は購入者のレビューを見るなどして、十分に比較検討を行ないましょう。このサイトではどの学習方法を選ぶ場合でも共通して学習するうえでの大切なことをまとめていますので、これから公務員試験を受けたいと思っている人は参考にしてみてください。